ダポキセチンで射精ストップ

ダポキセチンで射精ストップ

ダポキセチンは早漏改善薬として用いられる成分です。元々は抗鬱剤として使用されていましたが、うつ病患者から射精が遅くなるという声が多いことから現在では早漏治療薬として使われています。ではダポキセチンにはどのような作用があるか説明していきます。

ダポキセチンは元々抗うつ剤だった

ダポキセチンは早漏治療薬として販売されている医薬品の成分で、作用機序からうつ症状を改善させる治療薬のSSRIに分類されます。SSRIは選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれ、シナプスにおいてセロトニンが分泌された後、セロトニントランスポーターから再びセロトニンを吸収する際にフタのように働くことで、再吸収を阻害してセロトニンの濃度を増やすというものです。セロトニンは神経伝達物質のひとつで、人体には睡眠や体温調節の効果があり、精神を落ち着かせる作用があります。うつ症状の人はこのセロトニンの分泌量が少ないため、気分がふさがりやる気が起こらないとされます。ダポキセチンの作用はセロトニンの量を増やすだけなのですが、この効果によってなぜ早漏に効果が出るのかは、射精のメカニズムを知ると納得できるでしょう。射精は人体における興奮に作用するノルアドレナリンと呼ばれる神経伝達物質が関わっており、この物質が大量に分泌されることで興奮が高まり射精のスイッチが入ります。通常はある程度の時間が経過してからスイッチが入るようになっていますが、早漏の人は分泌量が多いとされ、すぐにスイッチが入ってしまうことから射精が起こります。しかし、ノルアドレナリンはセロトニンによって抑制されるため、セロトニンの量を増やすことで、射精を遅らせることが可能と言われています。ダポキセチンに限らず、SSRIはセロトニン量を増やす効果があるため、うつ病で処方されている人は、少なからず遅漏の傾向が見られます。その中でもダポキセチンは、臨床試験によって確認された中で射精までの時間が3~4倍と長くなることから、抗うつ剤ではなく早漏治療薬に適している成分となっています。ダポキセチンを含む治療薬を使って早漏克服を目指しましょう

■ダポキセチンが含まれる治療薬はこちら
タダポックス
プリリジー
スーパーPフォース