ダポキセチンで射精ストップ

ダポキセチンは早漏改善薬として用いられる成分です。元々は抗鬱剤として使用されていましたが、うつ病患者から射精が遅くなるという声が多いことから現在では早漏治療薬として使われています。ではダポキセチンにはどのような作用があるか説明していきます。

エバーラストの主成分はダポキセチン、男性は早漏克服

性欲と体力共に充実している若い時期であれば、何度も射精が繰り返せます。
それこそ一日の間にコンドーム一箱分を使い切る程、お盛んなカップルもいます。
また性欲旺盛であれば何度も再勃起が可能ですので、本能に任せた野性的なセックスも楽しめます。

しかし、男性機能は加齢と共に徐々に落ち着いていきます。
EDになるという意味ではありません。ただ30歳頃を境に男性の性欲は穏やかになり、そう何度も繰り返す勃起したり、射精したりするモチベーションが無くなるのです。

一方で女性は30歳を境に、反対に男性並の性欲を持ち始める事があります。
男性側ではなく女性側が、一晩の間に何度もセックスを要求する、そんな逆転現象が起きるのです。

ただ加齢によって性欲と体力が落ちた男性は、焦りや緊張から早漏気味な体調になりがちです。
早漏体質では、性欲旺盛になった恋人や妻の相手を上手く務められません。
若い頃は無意識に何度も勃起と射精が出来たのになぜだ、あの頃の持久力を再び取り戻したい、
こういった思いに至った男性は、ダポキセチンが主成分として使われたエバーラストを使ってみましょう。

エバーラストに採用されたダポキセチンはSSRIにもよく用いられる成分であり、効き目に即効性があり、体内に残留する時間が素早く、安全性の面で良い評価を得ています。
エバーラストを性交前に正しく服用すれば、性欲旺盛な女性とベッドを共にする際も安心です。
ダポキセチンが効果的に脳内に効き、女性がアグレッシブに男性の上で腰振りを行っても、エバーラストの支援によって、すぐにイカされてしまう事はありません。

理論的には通常時に比べて三倍から四倍の持久力が得られますので、パートナーの女性の性欲が強く何度も繰り返しセックスを要求される方は、エバーラストを使って夜の生活の質を改善してみましょう。