ダポキセチンで射精ストップ

ダポキセチンは早漏改善薬として用いられる成分です。元々は抗鬱剤として使用されていましたが、うつ病患者から射精が遅くなるという声が多いことから現在では早漏治療薬として使われています。ではダポキセチンにはどのような作用があるか説明していきます。

ダポキセチンとアルコール、性行為補助PE治療薬

ダポキセチンを主成分に持つ海外製医薬品を飲めば、性行為の時間の長期化が実現します。
いつも女性に早い早いと言われてしまう男性の方々は、一度PE治療薬を使ってみましょう。

いま現在、早漏予防の作用が認められているのはダポキセチンという成分だけであり、いわゆる精力アップ用として販売されている健康補助食品やサプリメントにPE治療効果はありません。
しばしば混在する人々がいますが、精力アップの製品とPE治療薬はまるで別の製品です。

もちろん精力減退が早漏の一要因になっている事もありますが、性行為時の心理状態が原因で引き起こされる心因性早漏には、サプリメント等よりもPE治療薬の方が適切です。
ダポキセチンの効力を得る事で、性行為を始めてもすぐに射精しない心身になります。
実際の数値に換算すると、通常時の3.5倍程の持続力がダポキセチンによって得られます。

例えば、毎晩1分で果ててしまう男性が、ダポキセチンのお薬を飲めば、3分を超える性行為が可能となるのです。
最低でも3分の性行為時間が確保出来れば、女性を満足させられますし、
正常位や騎乗位、対面座位、バックなど、様々な体位にチャレンジ出来るはずです。

ダポキセチンは安全面に保証付きの成分ですが、お酒との同時摂取はやめましょう。
アルコールとダポキセチンは相性が悪く、同時に摂取すると、酩酊状態になる危険があるのです。
ついつい、いつもの習慣でアルコールを口に運んでしまう方は注意しましょう。

PE治療薬を利用し、性行為をする夜は、晩酌を自主的にやめておきたいところです。
また神経質になる必要はありませんが、アルコールを多量に含むスイーツや甘いお酒なども、出来れば事前に控えておいた方が良いでしょう。