ダポキセチンで射精ストップ

ダポキセチンは早漏改善薬として用いられる成分です。元々は抗鬱剤として使用されていましたが、うつ病患者から射精が遅くなるという声が多いことから現在では早漏治療薬として使われています。ではダポキセチンにはどのような作用があるか説明していきます。

ダポキセチンを含む特効薬で連続ピストンが出来ます

早漏治療薬の有効成分として採用されているのがダポキセチンです。
短時間で効き目を出す効果的な特効薬であり、短すぎるセックス時間に悩む男性陣を救う画期的な製品として支持されています。

セックスを支援する特効薬としてはED治療薬が一般的ですが、ダポキセチンを含む早漏治療薬も既に日本人の間で浸透しています。
分野が分野だけに、あまり公に評判を聞かないだけです。
実際は多数のカップルがダポキセチンを含む特効薬で、セックスの悩みを改善しています。

男女の身体はそれぞれ別々です。
性的感度が最大に達すると、男女双方とも、いわゆるイク感覚を体験出来ますが、
男性の場合、そこに射精が伴うため、早漏の男性のように早々とフィニッシュを迎えてしまうと、そこでセックスが終わります。

女性側はたとえフィニッシュを迎えたとしても、そのままセックスを継続出来ます。
女性もまた早漏のように、感度が良すぎる方々がいますが、男性とは違い、セックスがそれによって頓挫するデメリットがありません。

早漏の男性が早々とフィニッシュを迎えずに、連続したピストンを繰り返すためには、
やはりダポキセチンを主成分に持つ特効薬の事前使用が求められます。
早漏の男性は感度が非常に良いため、ピストンを数回繰り返すだけで、射精してしまい、連続した腰振りが出来ません。

その結果、男女双方ともにセックスの満足感が味わえなくなるのです。
ところが事前に特効薬を服用しておけば、最低でも二分から三分、平均で五分程度の連続ピストンが可能になります。
無論、個人差は存在しますが、飲まない体調と比較すると、雲泥の差になる事、間違いなしです。
早漏治療薬は継続的に利用する事で、その効果を増すメリットもありますので、
毎回のセックス時に使い続ければ、どんどん射精までの間隔が延ばせられます。